一般スクール日記&SSブログ

お問い合わせはこちら

ブログ

一般スクール日記&SSブログ

2020/04/28

一般スクール日記

5月の1週目の一般スクール日記のテーマは、基本ストローク、雁行陣からの前衛、後衛の役割です。

基本ストローク ⇒ 1.前後、高低、遠近の打点のチェック 2.軸足のチェック 前足に体重が乗った時は、後ろ足を上げる、後ろ足を軸足にするときは、前足を上げる。

ラリーをしながら以上の事をチェックする。

雁行陣からの後衛、前衛の役割 ⇒ 後衛の役割は、つなぎながら仕掛けて前衛に動いてもらうように配球するのが大きな役割となります。前衛は、後衛が仕掛けてくれたボールに対して判断よく動いてプレッシャーをかけたり決めるのが大きな役割となります。後衛は仕掛けて、前衛が決めて2人でポイントが取れるといいダブルスになります

雁行陣からの仕掛けてとして、1.深くて強いストローク 2.サイドやセンター、ショートボール、ストレートロブなどで相手後衛を動かすストローク 3.前衛方向に打つストローク(ボディ、アレー、センター方向) 4.アプローチショットやストレートロブから平行陣

中途半端なクロスストロークは前衛ペアが動きずらいので、よくない配球となります。

by Sakane

サービスのトスの位置

2012年7月26日掲載

以前はサービスのモーションで右足を引き寄せてから左足で地面を蹴って打つのが主流でしたが、近年は、足をそろえず開いたまま両足の力を使って打つのが主流となってきました。足を開いて打つフォームでは、トスを前にあげすぎると打ちにくくなりますので、そういうフォームの方のトスはベースラインより少し前ぐらいでいいと思います。